このサイトは移転しました。5秒後に自動で新サイトへ移動します。
新『StockWeather』へ

値上がり益とは:株での利益の得方1【初心者向け株投資入門】

<所要時間:2分>

簡単にいうと

利益の得方は、主に3つの方法となります

1.値上がり益(1番重要)

2.配当金

3.株主優待

値上がり益

株を買ったときよりも、高い値段で売れば利益がでます。その利益のことを値上がり益といいます。

※キャピタルゲインともいいます

 

値上がり益とは

例えば、10万円で買った株を15万円で売れば、5万円の利益がでます。

※源泉徴収ありの特定口座の場合、株で利益が出た際は、20.315%(所得税15.315%、住民税5%)の税金がかかります。

※NISA口座(上限金額内)で取引をしていれば税金はかかりません。

 
「安い時に買って、高い時に売る」
これが株式投資の基本で、値上がり益は株の大きな魅力です。

 
しかし、安い時、高い時はいつなのか・・・なかなか判断は難しいものです。
購入する前に、チャートなどで株価の動向を研究したり、今後の事業展開などを考慮し、見極める必要があります。
 
また、株取引は余裕資金がないとできないと思われがちですが、「ミニ株」という単元株の1単位から購入可能(1万円から投資可能)な商品もありますので、気軽に始められます。

※ミニ株は、取り扱いのない証券会社もあります

 

株での利益の得方『2.配当金』については、次のページでご説明します。
 

 

初心者向け株投資入門一覧

 

免責事項
ストックウェザーが運営する株ニュース。
オリジナルコンテンツ「初心者向け投資入門」は投資勧誘を目的としたものではなく、情報提供のみを目的とし簡易的にまとめています。
株式は、株価の変動や国内外の経済や景気・為替・企業の業績など様々な要因により変動します。
投資に関する決定はご自身のご判断において行われるようお願いいたします。
また「初心者向け投資入門」に掲載している情報の正確性については万全を期してはおりますが、人為的、機械的その他何らかの理由により誤りがある可能性があり、発行人は、利用者がこれらの情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。また、当社が提供するすべての情報について、発行人の許可なく転用・販売することを固く禁じます。