このサイトは移転しました。5秒後に自動で新サイトへ移動します。
新『StockWeather』へ

配当金:株での利益の得方2【初心者向け株投資入門】

<所要時間:4分>

配当金

企業が利益を上げた場合、利益の一部を保有株数に応じて受け取ることができます。※注意1

※インカムゲインともいいます

配当金の仕組み

※内部保留とは、企業の蓄えのことです

 

配当の金額は?
企業によって異なります
 
配当利回りが2%以上だと高配当といわれます

※配当利回り=1株あたりの配当金÷購入株価×100

※業績によって出ない場合もあります

支払回数は?
年2回に設定する企業が多い傾向です
 

※配当金制度がない企業や、年に1回~4回(四半期配当)の企業もあります

上記、配当金について説明しましたが、そうはいっても一体いくらでどのくらい受け取れるの?と具体的に知りたいですよね。
 
では、身近な企業、イオン株式会社を例に計算してみます。

イオン(株)<8267>銘柄情報
・株価:1,508円
・配当利回り:1.85%
・1株あたりの配当金:28円
・権利確定月:2月、8月
・単元株数:100株

※2016/07/19時点の場合

イオン㈱の株を上記日時にて、100株購入したとします。
15万800円で購入して、年間合計2,800円の配当金を受け取れるということになります。
口座の種類や利益の金額にもよりますが、ここから20%の税金を引いたとしても年間2,231円が受け取れるということです。

※源泉徴収ありの特定口座の場合、株で利益が出た際は、20.315%(所得税15.315%、住民税5%)の税金がかかります。

※NISA口座(上限金額内)で取引をしていれば税金はかかりません。

 

<計算方法はコチラ>
●購入価格:
1,508円×100株=150,800円

●配当金:
28円×100株=2,800円

●税金:
2,800円×20.315%=569円

●税引き後の配当金:
2,800円-569円=2,231円
 
もちろん配当金が良かったとしても、株価が購入時より下がった場合はマイナスになることもあります。
配当金だけでなく、『1.値上がり益』『3.株主優待』などを含めた総合評価をする必要があります。
 
それでは利益の得方の3つ目『3.株主優待』については、次のページでご説明します。
 

 

初心者向け株投資入門一覧

 

注意事項
※注意1
配当金が制度としてない企業もあります
利益が上がっても配当を実施しない企業もあります。
免責事項
ストックウェザーが運営する株ニュース。
オリジナルコンテンツ「初心者向け投資入門」は投資勧誘を目的としたものではなく、情報提供のみを目的とし簡易的にまとめています。
株式は、株価の変動や国内外の経済や景気・為替・企業の業績など様々な要因により変動します。
投資に関する決定はご自身のご判断において行われるようお願いいたします。
また「初心者向け投資入門」に掲載している情報の正確性については万全を期してはおりますが、人為的、機械的その他何らかの理由により誤りがある可能性があり、発行人は、利用者がこれらの情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。また、当社が提供するすべての情報について、発行人の許可なく転用・販売することを固く禁じます。