このサイトは移転しました。5秒後に自動で新サイトへ移動します。
新『StockWeather』へ

株主とは?【初心者向け株投資入門】

<所要時間:3分>

簡単にいうと

◎企業の株を買って投資した人のことを株主という。

◎株主になると、企業のオーナーの一人として権利の一部を持てる。

株主は、購入した株数に関わらず、保有した分だけ企業のオーナーとしての権利を持つことができます。
 
例えば、A社の発行株数の1%買うと、1%の権利を持つことになります。企業の全ての株を購入すれば、その企業はあなたのものということです。

株の購入数に応じて権利獲得

 
購入した株数が多ければ多いほど、企業の経営権や分配金などを受け取れます。
 

株主になると

株主総会に参加できる権利(議決権)
配当金(配当請求権)
会社が解散したときに残った財産を分配してもらえる権利(残余財産分配請求権)

が獲得できます。株主優待制度がある企業に関しては、優待ももらえます。
 
今回は、その中で配当金株主優待に着目してみます。
 

株の購入に関わらず、経営権あり

 
権利確定日に株主名簿に載れば、受け取ることができます。

※権利確定日とは、権利が確定する締め日のようなもので、3月と9月に多いですが各企業によって異なります。

※配当金制度がある場合、企業が利益を上げると(配当を実施する場合)保有株数に応じて受け取れます。

※配当金、株主優待制度がない企業もあります。企業HP等で確認できます。

 

ここまで、株の仕組み(株とは、株主とは)についてお話してきました。余裕資金がある場合、金利がほとんどつかない銀行に貯金を置いておくよりも、リスクは伴いますが、株主になると配当金株主優待など受けることができ、株を保有してみるのも良いかもしれませんね。
 
それでは、具体的にどのように株で利益を得るのでしょうか。

 

初心者向け株投資入門一覧

 

免責事項
ストックウェザーが運営する株ニュース。
オリジナルコンテンツ「初心者向け投資入門」は投資勧誘を目的としたものではなく、情報提供のみを目的とし簡易的にまとめています。
株式は、株価の変動や国内外の経済や景気・為替・企業の業績など様々な要因により変動します。
投資に関する決定はご自身のご判断において行われるようお願いいたします。
また「初心者向け投資入門」に掲載している情報の正確性については万全を期してはおりますが、人為的、機械的その他何らかの理由により誤りがある可能性があり、発行人は、利用者がこれらの情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。また、当社が提供するすべての情報について、発行人の許可なく転用・販売することを固く禁じます。