移動平均線:株価チャートの見方【初心者向け株投資入門】

<所要時間:3分>

移動平均線の分析は、最もシンプルでポピュラーな分析方法のため、初心者の方にはオススメです。
 

簡単にいうと

移動平均線とは、一定期間における終値の平均値を線で繋げたものです。大まかな動きや現在のトレンド分析、売買タイミングの参考として役立つ指標です。

移動平均線

 

種類は3パターン

移動平均線は、短期・中期・長期の3パターンに分類されます。
表示するチャートによって、用いられる期間も以下のように様々です。

移動平均線の種類

※上記はあくまで一例です。

 
投資期間に合わせて線を使い分けるのが一般的です。

 

どう見るの?

線の傾き→トレンドが分かる
例えば、以下の赤枠をご覧ください。
 

移動平均線

赤枠部分は、短期(5日移動線)で見ると下降。中・長期(25日移動線)で見ると上昇しているのが分かります。
 
つまり、目先(5日移動線)だけでみると株価が下がっているので、これ以上の株価下落を恐れ、売ったほうがいいのかと思いがちですが、中・長期(25日移動線)でみれば上昇トレンドのため、慌てて売らないほうが賢明かもしれないという判断に役立つわけです。赤枠以降を見ると、株価が上昇し下落は一時的だったことが分かります。
このように、短期線と中・長期線を組み合わせて分析します。

 

算出方法は?

<例:5日移動平均線の場合>
直近5日の終値を合算し5で割ります。その数値を繋げたものが移動平均線です。
 
具体的には、以下となります。

5日移動平均線の算出方法

 
上記が移動平均線の基本部分になります。 
そして、移動平均線には「ゴールデンクロス」と「デッドクロス」という重要な2つのサインがあります。
これを知ることで、買い時、売り時などを分析することができるようになります。
 
ゴールデンクロス・デッドクロスとは

 

初心者向け株投資入門一覧

 

免責事項
ストックウェザーが運営する株ニュース。
オリジナルコンテンツ「初心者向け投資入門」は投資勧誘を目的としたものではなく、情報提供のみを目的とし簡易的にまとめています。
株式は、株価の変動や国内外の経済や景気・為替・企業の業績など様々な要因により変動します。
投資に関する決定はご自身のご判断において行われるようお願いいたします。
また「初心者向け投資入門」に掲載している情報の正確性については万全を期してはおりますが、人為的、機械的その他何らかの理由により誤りがある可能性があり、発行人は、利用者がこれらの情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。また、当社が提供するすべての情報について、発行人の許可なく転用・販売することを固く禁じます。