このサイトは移転しました。5秒後に自動で新サイトへ移動します。
新『StockWeather』へ

株はどこで買う?【初心者向け株投資入門】

<所要時間:4分>

簡単にいうと

株は、証券会社で購入できます。

※証券会社を通じて株を買い、実際の売買は証券取引所で行われます

株売買の仕組み

株は、魚の卸市場のように、個人が直接卸市場(ここでいう証券取引所での売買)に参加することはできません。証券会社は、投資家から注文を取り次ぎする役割を担っています。
 

どこの証券会社でも取引はできますが、日本にある証券会社は、なんと約300社以上もあります。(2016年9月時点)

 
では、どのように証券会社を選んだら良いのでしょうか。
 
 

証券会社の特徴

各証券会社によって、特徴は様々です。ご自身が何を重視するのかで選ぶことをお勧めします。
 
まず、取引方法で分類すると、大きく2つに分けられます。
  

「ネット証券会社」「対面型の証券会社」です。

※証券会社によって、ネット専業証券会社もあれば、対面型取引のみの証券会社、両方を兼業で行い選択できる証券会社もあります。

ネット証券会社
ネット証券は、PCやスマートフォンなどの端末を使い、株取引ができます。
【メリット】
●取引手数料が安いのが最大の魅力

●インターネット利用のため、手軽に売買可能

●24時間取引可能!忙しい方にもオススメ

●アプリやwebでの情報提供が豊富な傾向

 
【デメリット】

●インターネットに不慣れだと使いづらい

●証券会社の営業の方に直接アドバイスを貰えない

ネット証券でも、手数料やサービスは様々です。実際に取引する取引画面や情報画面も証券会社によって異なりますので、自分に合った証券会社を選びましょう。

 
 

対面型の証券会社
対面型は、営業担当者がつきます。
【メリット】

●直接、証券会社の担当者に相談しながら取引ができるのが最大の魅力

●対面だけでなく、コールセンターなどのサービスもある

 

【デメリット】

●取引手数料はネット取引に比べ格段に高い

●取引時間が平日日中と限られる

(売買は、窓口や電話・FAXとなる)

PC,スマートフォンに慣れていない方、直接アドバイスを貰いたい方にはお勧めです。
  
また、以下のような要望があればこちらも合わせて考慮してお選びいただくと良いかと思います。

少額投資1万円~から始めたい
ミニ株を取り扱っている証券会社がお勧めです。全ての証券会社が扱っているわけではないので事前に確認を。
 

外国株、その他金融商品も取引したい
国内株だけの取引を行なっている証券会社もあれば、外国株(中国、アメリカ等)、投資信託、FXなども扱っている証券会社など様々です。色々な金融商品を検討したいのであれば、事前に確認を。

そうはいっても「サービスが多種多様で選ぶのが大変」という方は、証券会社ランキングなどを参考に、上位の証券会社をピックアップし比較してみても良いかもしれません。
 
「手数料が安い」「サービスが充実している」「口座開設数が多い」証券会社ほど、ランキング上位におり、投資家からの信頼度・安心度は高いといえるでしょう。
 
証券会社が決まり、口座開設が完了すれば、次はいよいよ投資先(銘柄)選びです。
 
3500以上もある銘柄。どうやって選んだらいいのでしょうか。

 

 

初心者向け株投資入門一覧

 

免責事項
ストックウェザーが運営する株ニュース。
オリジナルコンテンツ「初心者向け投資入門」は投資勧誘を目的としたものではなく、情報提供のみを目的とし簡易的にまとめています。
株式は、株価の変動や国内外の経済や景気・為替・企業の業績など様々な要因により変動します。
投資に関する決定はご自身のご判断において行われるようお願いいたします。
また「初心者向け投資入門」に掲載している情報の正確性については万全を期してはおりますが、人為的、機械的その他何らかの理由により誤りがある可能性があり、発行人は、利用者がこれらの情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。また、当社が提供するすべての情報について、発行人の許可なく転用・販売することを固く禁じます。