このサイトは移転しました。5秒後に自動で新サイトへ移動します。
新『StockWeather』へ

満月・ゴールデンクロスの投資の日

兜町カタリスト

 
NY株式市場は主要3指数が連日の史上最高値更新。
ラッセル2000も終値ベースの最高値を更新した。
ハリケーンに見舞われたテキサス州などの自動車買い替え需要から自動車セクターが堅調。
航空セクターも指数の上昇を牽引した。
 
「景気敏感株への資金シフトが観測されている。
投資家は直近の良好な経済指標を信頼している。
北朝鮮の地政学リスクなどの一部懸念は脇へ追いやられている」との声が聞こえる。
経済指標に加えて企業業績の好調も相場の上昇要因の一つ。
 
S&P500採用銘柄の第3四半期は前年同期比5.5%の増益見通しだ。
ダウ輸送株指数は1万ポイント目前まで上昇しており好調な景気のバロメーターという見方もある。
国債利回りはほぼ横ばい。
ラスベガスの銃乱射事件への警戒感は多少残っているとの指摘がある。
 
もっとも12月利上げの可能性が高いことに変わりはない。
週末の雇用統計に視点が移っているが事前予想は8万人増程度の見通し。
ハリケーンの影響での減少見通だ。
ドル円はポジション調整の動きから112円台後半とやや円高トレンドで推移。
 
しかし市場からは「114円~115円が視野に入ってきた」との声も聞こえる。
CNBCのインタビューに登場した著名投資家のウォーレン・バフェット氏。
「トランプ米大統領が法人税率引き下げを実現できるか注視している」とコメント。
長期投資がメインの同氏が税制問題に焦点を当てることは稀なケースといえる。
 
「共和党政権と同党が支配する議会が初年に完敗することは望んでいない。
税制改革の実現は可能」との見方だ。
NYは歴史的な上昇であることは間違いない。
興味深いのは表現された「NY株の長期トレンドはあと15年ほど上昇が続く」というNYの声。
S&P500は1930年代以降、16~18年間の調整期と16~18年間の上昇期を繰り返している。
1999年~2012年の長期調整期を上抜けてからまだ4年しか経っていない」というのが理由。

 

日経平均は年初来高値を更新。
前日比213円29銭高は「NISA福」と読めるおめでたい数字の並びだった。
もっとも売買エネルギーはあまり伴っておらず過熱感なき上昇という印象。
東証アローズにTVクルーはおらず静かに2年1ヶ月ぶりの水準を回復してきた。
 
「テクニカル的には2015年高値の20,952円まではそれほど大きな抵抗はない」という見方も多い。
日経平均上昇率1.05%、TOPIX上昇率0.65%と日経平均優位の展開。
NT倍率は一時12.24倍と2ヵ月ぶりの水準まで上昇した。
9月には12.1倍程度まで低下していたからまさに巻き戻しの動きとも言えよう。
 
アベノミクス相場の天井は20,868円(2015年6月、ザラバ高値は2015年8月20,952円)。
残すところあと250円ほど。
「この高値を超えればアベノミクス相場第2幕開演」という見方も登場してきた。
1株あたり時価も1,993円まで来た。
 
10年国債利回りは一時0.08%まで上昇(価格は下落)。
日銀がなりふり構わぬレベルの0.1%まではまだ余裕がある。
「10月は金利上昇の月」と言う予測は間違ってはいない筈だ。
9月29日時点の信用買い残は2兆5,929億円。
 
5週間ぶりに増加した。
一方売り残は1,149億円減少し9,927億円。
中間期末の信用売現物買いの解消と解釈されているが、踏み上げも含まれていよう。
空売り比率の38%台も心地よい40%割れに写ろうか。
 
225先物大証夜間取引終値は日中比70円高の20,670円と続伸。
25日線(19,920円)からはプラス3.5%の乖離(前日プラス2.6%)。
4%のプラス乖離で20,716円と計算できる。
75日線を今日上抜くだろうから今年二度目のゴールデンクロスの完成。
 
4月7日がデッドクロス→約1ヶ月後5月19日がゴールデンクロス。
約3ヶ月後の8月19日がデッドクロスだった。
そしてそれから1ヶ月半でのゴールデンクロス。
前例に従えば数ヶ月は25日線が75日線を上回る状況だ。
 
騰落レシオの128.71は「まだまだ」という解釈になろう。
ボリンジャのプラス2σ20,767円を越えるかどうかが課題だ。
月初の益出しの邪魔はなさそうな気配。
「満月と重なった投資の日のゴールデンクロスで株高アノマリー」になりそうだ。
 
 

永田町で政局がどうなろうと霞が関は進んでいる。
2日に経済産業省が発表した「コネクテッドインダストリーズ東京イニシアティブ2017」。
重点分野は以下の5項目。
 
★自動走行・モビリティサービス
★ものづくり・ロボティクス
★バイオ・素材
★プラント・インフラ保安
★スマートライフ
 
様々な業種、企業、人、機械、データなどがつながる

AI等によって、新たな付加価値や製品・サービスを創出

生産性を向上 高齢化、人手不足、環境・エネルギー制約などの社会課題を解決

これらを通じて、産業競争力の強化→国民生活の向上・国民経済の健全な発展

 

また、総務省は昨日「IoTセキュリティ総合対策」を発表。
サイバー対策の開示を促した。
(1) サイバー対策に強いIoT機器への認証制度
(2) 研究開発の促進
(3) 民間企業の対策促進
(4) 人材教育
(5) 国際連携
が骨格。
徐々に進んでいる。

 

気になるのは残業減少でも賃金維持という経団連の方向。
「働き方改革が進んでもその分賃金が減少すれば消費や生産性向上の意欲を削ぐ」というのが理由。
残業が月60時間に減少すると残業代は最大8.5兆円減少するという。
これが企業利益にそのまま乗れば企業利益は年間80兆円を越える。
 
過去最大の収益を賃金や設備投資にどう向かわせるの環境整備は当然必要だろう。
しかしそんなことを待つより「増え続ける配当目的での株式投資の促進」というのも必要。
賃金上昇が少ないならば、利益分配は株式で…。
そんなキャッチフレーズも必要だろう。

 

NYダウは84ドル高の22,641ドルと5日続伸し過去最高値更新。
NASDAQは15ポイント高の6,531ポイントと6日続伸し過去最高値更新。
S&P500は5ポイント高の2,534ポイントと5日続伸し過去最高値更新。
ダウ輸送株指数は65ポイント高の9,973ポイント。
 
3市場の売買高は59億株。
CME円建ては大証比75円高の20,675円。
ドル建ては大証比105ポイント高の20,705ポイント。
225先物大証夜間取引は日中比70円高の20,670円。
 
ドル円は112.84円。
10年国債利回りは2.334%。
非公式外資系5社動向は売り1,110万株、買い1,150万株。
金額ベースは25億円の買い越し(5日連続)。
 
売りは精密・小売・金属・化学・その他製品・薬品・鉄鋼・不動産セクターなど。
買いは機械・通信・REIT・石油・自動車・銀行・商社・保険セクターなど。
売買交錯は電機セクターなど。
 
2017年
10月 80万株売り越し 買い1日、売り2日
 
9月 3,228万株買い越し 買い13日、売り7日
8月 1,160万株買い越し 買い14日、売り9日
7月 1,500万株売り越し 買い10日、売り10日
 
(半期合計 8,320万株買い越し 買い69日、売り53日)
 
 
225先物はクレディ・日興・シティ・ソジェン・ナティクス・バークレイズが買い越し。
アムロ・メリル・JP・パリバ・GS・HSBC・モルスタ・みずほが売り越し。
TOPIX先物はみずほ・メリル・クレディ・パリバ・ソジェンが買い越し。
モルスタ・GS・UBS・ドイツが売り越し。
 
外資系等はコーラ(2579)、シスメックス(6869)、
島津(7701)、オークマ(6103)、都競馬(9672)、
日写(7915)、アドバンテスト(6857)、武田薬(4502)、
ディスコ(6146)、東京エレ(8035)、資生堂(4911)、
コーセー(4922)、ポーラ(4927)に注目。
 
テクニカル的には極洋(1301)、プリマ(2281)、
アルペン(3028)、ダイトウボウ(3202)、ホギメディ(3593)、
IIJ(3774)、マクロミル(3978)、太陽日酸(4091)、
ワカモト(4512)、参天(4536)、中国塗(4617)、
富士フィルム(4901)、住友理工(5191)、有沢(5208)、
太平洋セ(5233)、日立金(5486)、日製鋼(5631)、
東邦チ(5727)、JUKI(6440)、THK(6481)、
日新電(6641)、EIZO(6737)、アドバンテスト(6857)、
山一電(6941)、コンコルディア(7186)、豊田合(7282)、
JMS(7702)、パラマウント(7817)、山陽商(8011)、
イオンFS(8570)、スターツ(8850)、愛眼(9854)、
バイテック(9957)が動兆。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
《今後のセミナー予定》
 
10月7日(土) IFA協会東京IRセミナー

 
10月8日(日) 日産証券東京株式セミナー(満員御礼)

 
10月14日(土) ラジオNIKKEI・プロネク広島IRセミナー

 
10月16日(月) 日本証券新聞・大宮REIT・IRセミナー

 
10月18日(水) 東京IRセミナー(WSCOPE)
 
10月20日(金) 横浜IRイベント(ヤマシンF)
 
10月21日(土) ラジオNIKKEI大阪IRセミナー

 
10月28日(土) 日産証券・アイロゴス新潟IRセミナー

 
10月29日(日) ストボフォーラム大阪

 
11月3日(金) 光世&JPX大阪株式セミナー

 
11月11日(土) 大阪IRセミナー
 
11月18日(土) ラジオNIKKEI横浜IRセミナー
 
12月2日(土) 東京株式セミナー
 
12月7日(木) 福岡IRセミナー
 
12月9日(土) ラジオNIKKEI名古屋IRセミナー
 
12月16日(土) 東京IRセミナー
 
12月22日(金)~23日(土) 野村個人投資家フェア(大阪)

 

◇━━━ カタリスト ━━━◇
 
うるる(3979)…動兆
 
うるるに注目する。
同社はクラウドソーシングを用いて入札情報速報サービスやデータ入力などが中核。
入札情報速報サービスが好調。
コールセンター業務も拡大基調。
上場半年の反騰アノマリーに期待。
(3,895円)
 
チャート

 
◇━━━トラッキング━━━◇
 
…7%上昇はタッチ、5%下落はロスカット
 
9/11◇萩原工業(7856) 3,370円→3,890円 タッチ
9/13◇昭和電工(4004) 3,090円→3,540円 タッチ
9/14◇リファインバース(6531) 2,518円→2,796円 タッチ
9/20◇PCI(3918) 2,740円→3,515円 タッチ
9/21☆日新(9066) 594円→2,872円 堅調
9/27◇ナノキャリア(4571) 649円→684円 タッチ
9/28☆アンジェス(4563) 647円→655円 堅調
9/29★アイリッジ(3917) 2,035円→2,013円 調整
10/02★PXB(6190) 1,573円→1,552円 調整
10/03★第一希元素(4082) 1,639円→1,593円 調整
 
 

免責事項
この「兜町カタリスト」は投資勧誘を目的としたものではなく、情報の提供のみを目的としています。投資に関する決定はご自身のご判断において行われるようお願いいたします。
また「兜町カタリスト」に掲載している情報の正確性については万全を期してはおりますが、人為的、機械的その他何らかの理由により誤りがある可能性があり、発行人は、利用者がこれらの情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。また、当社が提供するすべての情報について、発行人の許可なく転用・販売することを固く禁じます。