このサイトは移転しました。5秒後に自動で新サイトへ移動します。
新『StockWeather』へ

習性

兜町カタリスト

 
「セブンの悲劇」というのは何処に行ったのだろうか。
1987年ブラックマンデー。
1997年アジア通貨危機。
2007年パリバショック→リーマンショックへ。
 
ひょっとすると、このアノマリーは崩れるのだろうか。
そう言えば…。
元旦の日経1面トップ見出しは「『当たり前』もうない」。
サブ見出しは「逆境を成長の起点に」だった。
 
アノマリーといえばTOM効果というのもある。
「月末、月初は株高になりやすい」と言うもの。
月末は、機関投資家が保有株式の評価額を上げるために買いに回りやすい。
お化粧買いやドレッシング買いの可能性もある。
 
毎月一定額を積み立てていく投資信託などの購入日を月末に設定していることも多い。
給与支払日が月末に集中しているので個人投資家の月末買いを後押し。
背景はいろいろある。
過去のトリ年相場は過去5回で4回がプラス、うち2回は大幅高だったのが歴史。
 
2005年 16,111.43円:40.24%上昇。
1993年 17,417.24円:2.91%上昇。
1981年 7,681.84円:7.95%上昇。
1969年 2,358.96円:37.56%上昇。
1957年 474.55円:13.58%下落。
 
日経平均株価は前年末比上下20%の範囲内で翌年は動く傾向がある。
その意味で限界値を知っておくことは重要になる。
前年末19,114円×0.8=15,291円が下限水準。
19,114円×1.2=22,936円が上限水準。
 
興味深いアノマリーは9月高→その後の株価上昇というもの。
2000年以降で日経平均の9月の月中平均が前月を上回り堅調だった年は8回。
その後の10~12月期の株価も全て上昇し、平均上昇率は10.26%。
9月の月中平均が前月比マイナスとなった年も9回。
平均▲1.71%。
年末に向けての株価パフォーマンスに明確な差がある。
 
「三空に買いなし」の格言を考えながらエレベーターに乗ったら何気なく「3」を押してしまった。
オフィスは別の階。
昔、エレベーターの数字をクイック端末のように押したこともあっが…。
不覚。
と言うか、業界人のサガは治らない。

 

昨日、来週月曜の原稿を早めに書き上げてメールしたらすぐに返信が。
「原稿ありがとうございました。
ただ…、すみません来週9日(月)は休日で新聞の発行がありません」。
かと言ってナマモノだけに再来週の原稿に転用する訳にも行かない。
 
一気に虚しくなったランチタイムという感じ。
曜日感覚はだいぶ薄れてきた。
せっかくだからココで陽の目を。
雨で中止になった運動会のお弁当を自宅で食すようなものだが…。

フェニックスバイオ(6190)に注目する。
同社は人間と同じ肝細胞を持つ実験動物「PXBマウス」を使った医薬品開発支援が中核。
年間4,000匹以上を生産できる安定供給体制は強み。
従来は肝炎分野が収益の柱だったが、
 
今後は戦略的市場としてDMPK/Tox(薬物動態・案税制試験)分野の拡大を狙っている。
学会などでもPXBマウスを用いた薬物動態に関する発表が各社からされ始めた。
これによりほぼすべての新薬の非臨床試験が対象となることから当然成長分野だ。
世界の大手製薬企業が研究開発拠点を置く米国を中心とした海外市場の拡大に注力している。
 
生命を科学することで健康増進に貢献することは人類の進歩発展に対する寄与になろう。
今3月期は増収増益(黒字転換)の見通し。
今年1月に2,000円台に乗せた株価は9月に1,300円まで下落。
直近は1,500~1,600円水準での推移。
 
まずは2,000円台復活に期待したいところ。
本社は東広島。セ・リーグで優勝した広島カープ関連銘柄と言えようか。
 
 

スケジュールを見てみると…
6日(金):景気動向指数、米雇用統計、消費者信用残高、ノーベル平和賞
9日(月):体育の日で休場、ノーベル経済学賞
10日(火):国際収支、景気ウォッチャー調査、黒田日銀総裁挨拶、さくらレポート、
     ロケット「みちびき」打ち上げ、北朝鮮労働党創建記念日
 
11日(水):機械受注、米FOMC議事録、中国全中会開催
12日(木):国内企業物価指数、都心オフィス空室率、米生産者物価、G20財務相・中央銀行総裁会議
13日(金):オプションSQ、マネーストック、米消費者物価、小売売上高、
     ミシガン大学消費者信頼感、中国貿易収支、IMF・世銀年次総会(ワシントン)
 
【10月】
 
2日(月) 2日新甫、日銀短観
3日(火) 家電・IT見本市「シーテックジャパン」(幕張メッセ)
4日(水) ECB理事会、上げの特異日
5日(木) 変化日
6日(金) 満月
9日(月) 体育の日で休場、コロンブス・デーでNY為替休場
 
10日(火) マイクロソフトオフィス2007サポート終了、「みちびき4号」打ち上げ
11日(水) 変化日、大幅高の特異日
12日(木) G20財務相・中央銀行総裁会議
13日(金) オプションSQ、IMF世銀年次総会(ワシントン)
15日(日) セーリングワールドカップ開催(蒲郡)
16日(月) 上げの特異日
 
17日(火) 変化日
18日(水) 米ベージュブック、中国第19回全国代表大会
19日(木) EU首脳会議、ブラックマンデー30周年
20日(金) 変化日
25日(水) 東京モーターショー(一般公開27日)
27日(金) 変化日
 
28日(土) プロ野球日本シリーズ開幕
29日(日) 欧州サマータイム終了
30日(月) 日銀金融政策決定会合
31日(火) 米FOMC(~1日)
 
良い3連休を…。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
《今後のセミナー予定》
 
10月7日(土) IFA協会東京IRセミナー

 
10月8日(日) 日産証券東京株式セミナー(満員御礼)

 
10月14日(土) ラジオNIKKEI・プロネク広島IRセミナー

 
10月16日(月) 日本証券新聞・大宮REIT・IRセミナー

 
10月18日(水) 東京IRセミナー(WSCOPE)
 
10月20日(金) 横浜IRイベント(ヤマシンF)
 
10月21日(土) ラジオNIKKEI大阪IRセミナー

 
10月28日(土) 日産証券・アイロゴス新潟IRセミナー

 
10月29日(日) ストボフォーラム大阪

 
11月3日(金) 光世&JPX大阪株式セミナー

 
11月11日(土) 大阪IRセミナー
 
11月18日(土) ラジオNIKKEI横浜IRセミナー
 
12月2日(土) 東京株式セミナー
 
12月7日(木) 福岡IRセミナー
 
12月9日(土) ラジオNIKKEI名古屋IRセミナー
 
12月16日(土) 東京IRセミナー
 
12月22日(金)~23日(土) 野村個人投資家フェア(大阪)

 
◇━━━トラッキング━━━◇
 
…7%上昇はタッチ、5%下落はロスカット
 
9/20◇PCI(3918) 2,740円→3,320円 タッチ
9/21☆日新(9066) 594円→2,879円 堅調
9/27◇ナノキャリア(4571) 649円→665円 タッチ
9/28★アンジェス(4563) 647円→635円 調整
9/29★アイリッジ(3917) 2,035円→1,977円 調整
10/02★PXB(6190) 1,573円→1,550円 調整
10/03★第一希元素(4082) 1,639円→1,531円 調整
10/04★うるる(3979) 3,895円→3,650円 調整
10/05★テモナ(3985) 5,860円→5,700円 調整
10/06★クロスフォー(7810) 1,284円→1,260円 調整
 
 

免責事項
この「兜町カタリスト」は投資勧誘を目的としたものではなく、情報の提供のみを目的としています。投資に関する決定はご自身のご判断において行われるようお願いいたします。
また「兜町カタリスト」に掲載している情報の正確性については万全を期してはおりますが、人為的、機械的その他何らかの理由により誤りがある可能性があり、発行人は、利用者がこれらの情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。また、当社が提供するすべての情報について、発行人の許可なく転用・販売することを固く禁じます。