このサイトは移転しました。5秒後に自動で新サイトへ移動します。
新『StockWeather』へ

いつのも火曜日という印象

兜町カタリスト

 
 
週末のNY株式は小動き。
NYダウとS&P500は反落したがNASDAQは9日続伸。
終値ベースの過去最高値を6日連続で更新した。
注目された雇用統計。
米非農業部門雇用者数は3.3万人減で着地した(市場予想は9万人増)。
雇用がマイナスになったのは2010年9月以来、7年ぶりだがハリケーンの影響の結果であり影響は意外と限定的。
「向こう数カ月間は復興・清掃活動で雇用の伸びが拡大する」という声も聞こえる。
失業率は4.2%(予想4.4%)と2001年2月以来の低水準まで改善。
時間当たり平均賃金は前月比プラス0.5%(予想:プラス0.3%)。
年間で2.9%増と、16年12月以来の大幅なプラスとなった。
12月の利上げ確率は90%まで上昇。
来年の利上げ回数も3回となってきた。
為替市場が気にしたのは雇用統計よりも北朝鮮の地政学的リスク。
 
北朝鮮を訪問したロシア下院議員のコメント。
「北朝鮮は長距離ミサイル発射実験を計画しており、同国は米国の西海岸が射程距離に入る」を材料視したとの解釈。
週間ベースでNYダウは1.6%高で4週続伸(累計4.5%上昇)。
NASDAQ派1.5%高、2週続伸(同2.5%上昇)。
S&P500派1.2%高、4週続伸(累計3.6%上昇)。
週明けのNY株式市場でNYダウは小幅続落。
「コロンバスデーの祝日で市場参加者が少なく、積極的な取引は手控えられた」との解釈。
GEの下落が響き1銘柄でNYダウを約7ドル押し下げた格好。
NASDAQは10日ぶりに反落。
こちらは主力のアルファベット(グーグル)やアムジェンなどバイオ関連株の下落が響いた。
VIX(恐怖)指数は10.33まで上昇した。
 
週末金曜までは小幅とはいいながら日経平均が5日続伸(累計334円上昇)。
リズムは少し変わったのかも知れない。
日経平均株価は1.6%だかで陽線、4続伸(累計7.3%上昇)。
TOPIX派0.7%高、4週続伸(累計5.9%上昇)。
東証マザーズ指数は1.1%安、4週ぶりの反落。
「接近する13終戦と26週線に上値を抑えられた」との見方。
日経ジャスダック平均は0.4%高、4週続伸(累計6.9%上昇)。
東証2部指数は1.0%高、2週続伸(累計3.4%上昇)。
今週は4日立ち会い。
 
衆院選よりも北朝鮮リスクへの解釈次第の動きだろう。
「月末の企業決算に意識が向かい、業績期待を支えに下げづらい地合い」という楽観論も聞こえる。
空売り比率は36.6%まで低下。
東証1部の単純平均株価が2754.77円と権利落ちを埋められないのが気にかかる。
しかし外国人投資家は10週間ぶりの買い越し。
加えて4月14日安値の空売り期日も上昇期待材料だ。
日曜日経では「主要国10年ぶりそろって成長」の見出し。
OECDの予測からの記事だ。
「欧州経済が持ち直し、ブラジルやロシアなどの新興国も不振から脱した。
リーマン・ショック後の世界的な金融緩和が景気を支え、けん引役の米国と中国は内外需とも底堅い。
生産性の低下で世界の成長率は3%台と力強さを欠くが、設備投資や貿易の伸びに期待がかかる」。
 
これが相場の底流だ。
週明けのシカゴ225先物終値は大証日中比20円安の20,690円。
週末の大証夜間取引終値20,650円は40円ほど上がっての戻り。
9月3連休明けは窓を空けての上昇だったがその気配はない。

 
225先物は大和・メリル・JP・アムロ・ソジェン・SBIが買い越し。
バークレイズ・みずほ・三菱・モルスタ・UBS・クレディが売り越し。
TOPIX先物はメリル・JP・アムロ・ドイツ・SBI・松井が買い越し。
GS・モルスタ・ソジェンが売り越し。
 
テクニカル的にはキリン(2503)、ヨシムラ(2884)、キリン堂(3194)、ネクソン(3659)、ネクシィーズ(4346)、コニカ(4902)、コスモエネ(5021)、ダントー(5337)、丸一管(5463)、住友鉱(5713)、牧野フ(6135)、OSG(6136)、富士ダイス(6167)、住友精密(6355)、TDK(6367)、OBARA(6877)、川重(7012)、トヨタ(7203)、三菱自(7211)、マルカ(7594)、東京計器(7721)、任天堂(7974)、豊田通商(8015)、三住トラスト(8309)、三井住友(8316)、インテリックス(8940)、進学会(9760)、ダイセキ(9793)、ベルク(9974)が動兆。
 
火曜前場は東証アローズでストボ実況。

https://www.stockvoice.jp/

 
《今後のセミナー予定》

 
10月14日(土)ラジオNIKKEI・プロネク広島IRセミナー

http://www.radionikkei.jp/news/event/171014hiroshima.html

10月16日(月)日本証券新聞・大宮REIT・IRセミナー

http://seminar.nsjournal.jp/7294.html

10月18日(水)東京IRセミナー(WSCOPE)

10月20日(金)横浜IRイベント(ヤマシンF)

10月21日(土)ラジオNIKKEI大阪IRセミナー

http://market.radionikkei.jp/japantour2017/osaka/

10月28日(土)日産証券・アイロゴス新潟IRセミナー

http://eimei.tv/pc/form/

10月29日(日)ストボフォーラム大阪

http://www.stockvoice.jp/modules/news3/article.php?storyid=900
11月3日(金)光世&JPX大阪株式セミナー

http://www.jpx.co.jp/learning/seminar-events/seminar/detail/d8/20171103.html

11月11日(土)大阪IRセミナー

11月18日(土)ラジオNIKEI横浜IRセミナー

12月2日(土)東京株式セミナー

12月7日(木)福岡IRセミナー

12月9日(土)ラジオNIKKEI名古屋IRセミナー

12月16日(土)東京IRセミナー

12月22日(金)~23日(土)野村個人投資家フェア(大阪)

http://fair.nomura-ir.co.jp/ja/index.html
 
◇━━━ カタリスト ━━━◇

ウイルプラス(3538)…動兆

ウイルプラスーに注目する。
同社は輸入車販売でジープやフィアット、BMW、ボルボが中核。
M&Aに積極的。
保険や整備等の固定収入が増加基調。
欧州のEV化の流れは追い風。
戌年銘柄。
(2450円)

チャート

http://www.stockweather.co.jp/sw2/detail.aspx?code=3538
 

◇━━━トラッキング━━━◇

…7%上昇はタッチ、5%下落はロスカット(6日終値)

9/20◇PCI(3918)2,740円→3,280円 タッチ
 9/21☆日新(9066)594円→2880円 堅調
 9/27◇ナノキャリア(4571)649円→665円 タッチ
 9/28★アンジェス(4563)647円→641円 調整
 9/29★アイリッジ(3917)2035円→1990円 調整
10/02★PXB(6190)1573円→1550円 調整
10/03★第一希元素(4082)1639円→1510円 調整
10/04★うるる(3979)3895円→3675円 調整
10/05★テモナ(3985)5860円→5690円 調整
10/06★クロスフォー(7810)1284円→1266円 調整

 

免責事項
この「兜町カタリスト」は投資勧誘を目的としたものではなく、情報の提供のみを目的としています。投資に関する決定はご自身のご判断において行われるようお願いいたします。
また「兜町カタリスト」に掲載している情報の正確性については万全を期してはおりますが、人為的、機械的その他何らかの理由により誤りがある可能性があり、発行人は、利用者がこれらの情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。また、当社が提供するすべての情報について、発行人の許可なく転用・販売することを固く禁じます。