このサイトは移転しました。5秒後に自動で新サイトへ移動します。
新『StockWeather』へ

シンプル・イズ・ベスト

兜町カタリスト

 
NY株式市場は反発。
主要3指数は最高値を更新した。
ダウの上昇に貢献したのは小売のウォルマート。
2019年度の米国内ネット通販売上高が約40%急増するとの見通しと今後2年間で200億ドルの自社株買い計画を好感。
 
株価は4%超上昇し2年ぶりの高値となった。
スペインのカタルーニャ自治州のプチデモン首相は独立を宣言。
同時に中央政府との協議を可能にするため効力を一時停止すると発表。
「懸念が一部和らいだ」と解釈され米国上場のスペインETFが上昇した。
 
IMFが発表した世界経済見通しでは2017音の成長率を3.6%と上方修正。
これも追い風となった。
8月のドイツ貿易統計で輸出が1年ぶりの大きな伸び。
加えてECBのラウテンシュレーガー専務理事が来年の資産買い入れ縮小と将来的な買い入れ終了の必要性をコメント。
 
ユーロ・ドルは1週間ぶりの高値となった。
北朝鮮が朝鮮労働党創建記念日に軍事的な挑発行動に出るのではないかとの警戒感から金先物は上昇。
 
 
3連休明けの日経平均は今年初の6日続伸。
後場の上昇材料は午後2時に内閣府が発表した9月景気ウォッチャー調査。
現状判断DIは前月比1.6ポイント上昇して51.3。
50を超えたのは6月以来3カ月ぶり。
 
「先週までの5連騰のうち後半3日間の日足は陰線。
NY株高が支えとはなったものの上値は重かった。
火曜はNY株がフォローしてない中での強い陽線。
地合いの改善がうかがえる」という指摘もある。
 
2015年ザラバ高値は20,952円。
終値ベースでの高値10,868円までは「あと45円」と迫った。
ドル建て日経平均は185.02と年初来高値を更新(6月6日が183.84)。
日経平均の25日移動平均(20,103円)からの乖離はプラス3.6%。
 
騰落レシオは118.88%。
空売り比率は38.8%(前日36.6%)と40%割れ継続。
松井証券信用評価損益率速報で売り方は▲15.667%と今年最高水準に悪化。
買い方は▲3.270%と前日の▲3.905%から好転。
 
マザーズ銘柄ネットストック信用評価損益率で売り方は▲8.37%(前日▲6.74%)。
9月7日の0.06%から急速に悪化した。
買い方は▲10.56%(前日▲12.36%)。
こちらは9月7日の▲20.66%から急速に改善している。
 
逆転すれば、マザーズ指数の復活につながろうか。
日経平均採用銘柄のPERは14.66倍。
EPSは1,420.30円と過去最高を更新した(8月25日と10月5日の1,416円が過去最高)。
225先物大証夜間取引終値は日中比20円安の20,810円。
 
広がったボリンジャーのプラス2σが21,036円、プラス1σが20,570円。
プラス2σへの期待のあるSQ週の荒れる水曜日。
もっとも、相場は今日とか明日という時間軸ではなく2年~5年ほどの時間軸での高値を追求している。
高値警戒感と「当たり前はもうない」(日経元旦朝刊トップの見出し)の勝負という印象。

 

国際通貨基金(IMF)の世界経済見通し。
2017年の成長率予想を4月と7月の見通しから0.1ポイント引き上げ3.6%とした。
同じく18年も0.1ポイント上方修正し3.7%。
米国は17年を7月見通しから0.1ポイント引き上げ2.2%。
 
18年を0.2ポイント上げ2.3%とした。
ユーロ圏の成長率は17年が2.1%、18年が1.9%とそれぞれ0.2ポイント引き上げ。
英国の17年成長率は7月の予測の段階で0.3ポイント引き下げられており、1.7%に据え置き。
18年の成長率見通しが1.5%の英国よりも低いのは日本とイタリアだけとなった。
中国の成長率見通しは22年まで全般的に引き上げ。
 
内閣府が11日発表した8月機械受注(船舶・電力を除く民需)は前月比3.4%増。
市場予想は同1.0%増だった。
 
 

2017年のノーベル経済学賞は米シカゴ大学のリチャード・セイラ─教授が受賞した。
専門は「行動経済学」。
必ずしも合理的ではない人間の行動を説明できるようにしたというのがその功績。
「あるものを買うときと一度買ったものを売る時では同じものでも評価が変わる」ということはよくある。
 
そしてコレが株式市場や株価の真実の一面だろう。
従来の経済学は人間は合理的に判断をするもの、効率的に動くものというのが主流。
でも「人は合理的には行動しない」という傍流の学説が脚光を浴び始めたことになる。
その結果起こることは「欲望と欲望のぶつかり合う株式市場」の解釈は心理を読むということ。
 
重要なのは「結論の出ないことは考えない」。
海外のことを持ち出して警戒感が醸し出されることはよくあること。
しかし、ややこしいことで株価が動くことはめったにない。
証券業界に40年近く棲息して身につけた技術で誇れるものは「他人の意見を聞かない」。
 
大切なのは枝葉末節ではなく本質。
やはり「シンプル・イズ・ベスト」だ。

 

NYダウは69ドル高の22,830ドルと反発。
NASDAQは7ポイント高の6,587ポイントと反発。
S&P500は5ポイント高の2,550ポイントと反発。
それぞれ過去最高値を更新した。
 
ダウ輸送株指数は63ポイント高の9,928ポイント。
3市場の売買高は56億株。
CME円建ては大証比15円安の20,815円。
ドル建ては大証比25ポイント高の20,855ポイント。
 
225先物大証夜間取引は日中比20円安の20,810円。
ドル円は112.43円。
10年国債利回りは2.345%。
非公式外資系5社動向は売り1,510万株、買い1,580万株。
 
金額ベースは58億円の買い越し(2日ぶり)。
売りは自動車・機械・化学・ガラス・小売セクターなど。
買いは銀行・証券・サービス・情報通信セクターなど。
売買交錯は電機・建設セクターなど。
 
225先物はシティ・クレディ・ドイツ・大和・野村・GMOが買い越し。
みずほ・SBI・ソジェン・モルスタ・バークレイズ・JPが売り越し。
TOPIX先物はクレディ・ドイツ・みずほ・大和・三菱が買い越し。
GS・シティ・ソジェン・アムロが売り越し。
 
外資系等はローム(6963)、サンドラッグ(9989)、マクロミル(3978)、昭和電工(4004)、東海カ(5301)、
ツバキナカシマ(6464)、レンゴー(3941)、住友大阪セ(5232)、太平洋セ(5232)、ガイシ(5333)、太平洋金(5541)、住友鉱(5713)に注目。
 
テクニカル的には鹿島(1812)、青木あす(1865)、協和エク(1951)、中部飼(2053)、三井製糖(2109)、パーソル(2181)、アイロム(2372)、サッポロ(2501)、カワチ(2664)、北の達人(2930)、マツキヨ(3088)、シュッピン(3179)、東急不(3289)、ツルハ(3391)、豆蔵(3756)、クレハ(4023)、石原産(4028)、東亜合成(4045)、触媒(4114)、住友ベ(4203)、DNC(4246)、ロート(4527)、フルキャスト(4848)、新田ゼ(4977)、BS(5108)、ユニプレス(5949)、モリテック(5986)、フジキカイ(6134)、新東工(6339)、CKD(6407)、大崎電(6644)、航空電(6807)、レーザーテック(6920)、東海理化(6995)、ショーワ(7274)、Uアローズ(7606)、イワキ(8095)、サンゲツ(8130)、加賀電子(8154)、三益半(8155)、丸井(8252)、地銀セクター、日神不(8881)、東祥(8920)、サカイ(9039)、NSW(9739)、船井総研(9757)、サンドラッグ(9989)が動兆。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
《今後のセミナー予定》
 
10月14日(土) ラジオNIKKEI・プロネク広島IRセミナー

 
10月16日(月) 日本証券新聞・大宮REIT・IRセミナー

 
10月18日(水) 東京IRセミナー(WSCOPE)
 
10月20日(金) 横浜IRイベント(ヤマシンF)
 
10月21日(土) ラジオNIKKEI大阪IRセミナー

 
10月28日(土) 日産証券・アイロゴス新潟IRセミナー

 
10月29日(日) ストボフォーラム大阪

 
11月3日(金) 光世&JPX大阪株式セミナー

 
11月11日(土) 大阪IRセミナー
 
11月18日(土) ラジオNIKKEI横浜IRセミナー
 
12月2日(土) 東京株式セミナー
 
12月7日(木) 福岡IRセミナー
 
12月9日(土) ラジオNIKKEI名古屋IRセミナー
 
12月16日(土) 東京IRセミナー
 
12月22日(金)~23日(土) 野村個人投資家フェア(大阪)

 
◇━━━ カタリスト ━━━◇
 
セック(3741)…動兆
 
セックに注目する。
同社はリアルタイムソフトウエア技術が中核。
自動走行や宇宙関連、モバイルなどが拡大基調。
NEDOの「ロボット活用型市場化適用技術開発プロジェクト」に採択。
レストランなどで使用可能なロボットの開発に期待感。
(2,620円)
 
チャート

 
◇━━━トラッキング━━━◇
 
…7%上昇はタッチ、5%下落はロスカット
 
9/21☆日新(9066) 594円→2,931円 堅調
9/27◇ナノキャリア(4571) 649円→670円 タッチ
9/28★アンジェス(4563) 647円→643円 調整
9/29★アイリッジ(3917) 2,035円→1,999円 調整
10/02★PXB(6190) 1,573円→1,539円 調整
10/03★第一希元素(4082) 1,639円→1,618円 調整
10/04★うるる(3979) 3,895円→3,675円 調整
10/05★テモナ(3985) 5,860円→5,570円 調整
10/06☆クロスフォー(7810) 1,284円→1,307円 堅調
10/10☆ウイルプラス(3538) 2,450円→2,450円 堅調
 
 

免責事項
この「兜町カタリスト」は投資勧誘を目的としたものではなく、情報の提供のみを目的としています。投資に関する決定はご自身のご判断において行われるようお願いいたします。
また「兜町カタリスト」に掲載している情報の正確性については万全を期してはおりますが、人為的、機械的その他何らかの理由により誤りがある可能性があり、発行人は、利用者がこれらの情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。また、当社が提供するすべての情報について、発行人の許可なく転用・販売することを固く禁じます。