このサイトは移転しました。5秒後に自動で新サイトへ移動します。
新『StockWeather』へ

NY 過去最高値更新継続

NY株式市場は主要3指数が連日の史上最高値更新。ラッセル2000も終値ベースの最高値を更新した。ハリケーンに見舞われたテキサス州などの自動車買い替え需要から自動車セクターが堅調。航空セクターも指数の上昇を牽引した。
 
「景気敏感株への資金シフトが観測されている。投資家は直近の良好な経済指標を信頼している。北朝鮮の地政学リスクなどの一部懸念は脇へ追いやられている」との声が聞こえる。
 
経済指標に加えて企業業績の好調も相場の上昇要因の一つ。S&P500採用銘柄の第3四半期は前年同期比5.5%の増益見通しだ。ダウ輸送株指数は1万ポイント目前まで上昇しており好調な景気のバロメーターという見方もある。
 
国債利回りはほぼ横ばい。
ラスベガスの銃乱射事件への警戒感は多少残っているとの指摘がある。もっとも12月利上げの可能性が高いことに変わりはない。週末の雇用統計に視点が移っているが事前予想は8万人増程度の見通し。ハリケーンの影響での減少見通だ。
 
ドル円はポジション調整の動きから112円台後半とやや円高トレンドで推移。
しかし市場からは「114円~115円が視野に入ってきた」との声も聞こえる。
CNBCのインタビューに登場した著名投資家のウォーレン・バフェット氏。「トランプ米大統領が法人税率引き下げを実現できるか注視している」とコメント。
長期投資がメインの同氏が税制問題に焦点を当てることは稀なケースといえる。
 
「共和党政権と同党が支配する議会が初年に完敗することは望んでいない。税制改革の実現は可能」との見方だ。NYは歴史的な上昇であることは間違いない。
 
興味深いのは表現された「NY株の長期トレンドはあと15年ほど上昇が続く」というNYの声。S&P500は1930年代以降、16~18年間の調整期と16~18年間の上昇期を繰り返している。1999年~2012年の長期調整期を上抜けてからまだ4年しか経っていない」というのが理由。