このサイトは移転しました。5秒後に自動で新サイトへ移動します。
新『StockWeather』へ

後場 ほぼ動かずの展開

大引けの日経平均株価はの終値は12円59銭高の2万626円66銭と小幅ながら3日続伸。
NY主要3指数の過去最高値更新を好感して買い物優勢だったものの後場は地政学リスクの高まりや今夜のADP雇用レポートに対する警戒感から一時マイナスに転じた場面もあった。
大型株が相対的に堅調な一方、マザーズ指数は続落となった。
東証1部売買代金は2兆3,941億円。
NTT、ソフトバンクG、三菱電、アサヒ、コマツ、東京海上が上昇。
三菱UFJ、SUBARU、トヨタ、日産自、JXTG、ヤフーが下落。