このサイトは移転しました。5秒後に自動で新サイトへ移動します。
新『StockWeather』へ

NY 小幅ながら3日連続過去最高値更新

NY株式市場で主要3指数は小幅ながら3日連続で過去最高値を更新。ただ原油先物価格の下落が悪材料視されエネルギーセクターが下落。上値は抑えられた格好。
また8日続伸していた小型株中心のラッセル2000は9日ぶりの反落。
ダウ輸送株指数も反落した。
 
ISM非製造業総合指数は59.8と、前月の55.3から上昇。2005年8月以来約12年ぶりの高水準で着地。新規受注は63.0と前月の57.1から上昇。雇用も56.2から56.8に上昇した。景気指数は61.3と、前月の57.5から上昇し、予想の57.2を上回った。
 
ADPの全米雇用レポートで民間部門雇用者数は13.5万人増と、市場予想の12万5000人増を上回って着地。ただ2016年10月以来の小幅な伸びとなった。「ハリケーンの影響で非農業雇用者数が軟調になるとの見方は払拭されていない」という声が聞こえる。
 
国債利回りは小幅に上昇。12月利上げの確率は前日の78%から83%まで上昇した。
為替市場は持ち高調整の売りが先行しややドル安円高トレンド。