このサイトは移転しました。5秒後に自動で新サイトへ移動します。
新『StockWeather』へ

NY 4日連続で過去最高値更新

NY株式市場で主要3株価指数は4日連続で終値ベースの最高値を更新した。
S&P500は6日連続で終値での最高値を更新。1997年6月に8日連続で更新して以来の記録。8日続伸は2013年7月以来のこと。
 
VIX〈恐怖〉指数は9.19まで低下した。「下院が税制改革案通過を後押しする2018会計年度予算決議案を承認。税制改革の実現への期待が高まった」との解釈。減税効果を受けやすいとされる小型株の指標であるラッセル2000も上昇した。
 
経済指標の好調さも上昇の背景。貿易収支の赤字額は前月比2.7%減の423.95億ドル。市場予想は427億ドルの赤字見通しだった。
モノとサービスの輸出が2014年12月以来、2年8カ月ぶりの高水準をつけたことが好感された。
 
製造業の新規受注は前月比1.2%増で3.3%減となった前月から反転。
新規失業保険申請件数は前週比1.2万件減の26万件。市場予想の26.5万5000件よりも少ない着地となった。失業保険受給者総数は25週連続で200万件を下回っている。4週移動平均は3250件減の194.7万件で23週連続で200万件を下回った。
 
10年国債利回りは上昇。12月利上げ確率は86%で1週間前の78%から上昇した。好調な経済指標を受けて為替はドル高円安トレンド。