このサイトは移転しました。5秒後に自動で新サイトへ移動します。
新『StockWeather』へ

後場 今年初の5日続伸

大引けの日経平均株価は62円15銭高の20,690円71銭と今年初の5日続伸。
5日まで4日間の上昇幅合計は272円。
5日間で334円上昇したことになる。
2016年12月16日までの9日続伸以来の連続記録となった。
TOPIXも4ポイント高の1,687ポイントと上昇。
 
前場のザラバ高値20,071円を上回ることはできなかったが「3連休前でポジション調整売りなども出ているが、ヘッジファンドの決算対策売りや国内機関投資家の益出し売りなどが一巡。
底堅さも意識された」という声もある。
ドル円が一時113円台になったことも追い風。
今夜の米雇用統計は低調な見通しだが非農業部門の雇用者数が8~9万人程度の増加であれば問題視されないとされている。
TOPIX、JPX日経インデックス400ともに反発。
 
東証1部の売買代金は2兆2,743億円。
東証1部の値上がり銘柄数は954と全体の47。
値下がりは959銘柄。
三菱UFJ、三井住友FG、第一生命HD、ファストリ、JPX、野村、住友鉱、任天堂、OLCが上昇。
武田、セブン&アイ、アサヒ、東ガス、東エレク、イオンが下落。