NY 過去最高値更新

NY株式市場は反発。主要3指数は最高値を更新した。
 
ダウの上昇に貢献したのは小売のウォルマート。2019年度の米国内ネット通販売上高が約40%急増するとの見通しと今後2年間で200億ドルの自社株買い計画を好感。株価は4%超上昇し2年ぶりの高値となった。
 
スペインのカタルーニャ自治州のプチデモン首相は独立を宣言。同時に中央政府との協議を可能にするため効力を一時停止すると発表。「懸念が一部和らいだ」と解釈され米国上場のスペインETFが上昇した。
 
IMFが発表した世界経済見通しでは2017音の成長率を3.6%と上方修正。
これも追い風となった。
 
8月のドイツ貿易統計で輸出が1年ぶりの大きな伸び。加えてECBのラウテンシュレーガー専務理事が来年の資産買い入れ縮小と将来的な買い入れ終了の必要性をコメント。ユーロ・ドルは1週間ぶりの高値となった。
 
北朝鮮が朝鮮労働党創建記念日に軍事的な挑発行動に出るのではないかとの警戒感から金先物は上昇。